戻る


1.通所介護

 (1)通常規模型通所介護費(基本報酬)

所要時間 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
3時間以上4時間未満の場合 362単位 415単位 470単位 522単位 576単位
4時間以上5時間未満の場合 380単位 436単位 493単位 548単位 605単位
5時間以上6時間未満の場合 558単位 660単位 761単位 863単位 964単位
6時間以上7時間未満の場合 572単位 676単位 780単位 884単位 988単位
7時間以上8時間未満の場合 645単位 761単位 883単位 1,003単位 1,124単位
8時間以上9時間未満の場合 656単位 775単位 898単位 1,021単位 1,144単位

     ※所要時間9時間以上の場合

9時間以上10時間未満 50単位/回を加算
10時間以上11時間未満 100単位/回を加算
11時間以上12時間未満 150単位/回を加算
※同一建物から当該指定通所介護事業所に通う者に対し、1日につき94単位を所定単位から減算
 居宅と指定通所介護事業所との間の送迎を行わない場合は、片道につき47単位を所定単位から減算


 (2)加算項目

入浴介助加算 50単位/日を加算
個別機能訓練加算(T) 46単位/日を加算
個別機能訓練加算(U) 56単位/日を加算
生活機能向上連携加算 200単位/月を加算
若年性認知症利用者受入加算 60単位/日を加算
栄養改善加算 150単位/月を加算 (月2回限度)
栄養スクリーニング加算 5単位/回を加算
口腔機能向上加算 150単位/月を加算 (月2回限度)
中重度者ケア体制加算 45単位/日を加算
認知症加算 60単位/日を加算
ADL維持等加算(T) 3単位/月を加算
ADL維持等加算(U) 6単位/月を加算
サービス提供体制強化加算(T)イ 18単位/回を加算
サービス提供体制強化加算(T)ロ 12単位/回を加算
サービス提供体制強化加算(U) 6単位/回を加算


 (3)介護職員処遇改善加算

介護職員処遇改善加算(T) (1)、(2)を合計した単位数の1000分の59に相当する単位数
介護職員処遇改善加算(U) (1)、(2)を合計した単位数の1000分の43に相当する単位数
介護職員処遇改善加算(V) (1)、(2)を合計した単位数の1000分の23に相当する単位数
介護職員処遇改善加算(W) (V)により算定した単位数の100分の90に相当する単位数
介護職員処遇改善加算(X) (V)により算定した単位数の100分の80に相当する単位数


 (4)食事提供費      600円

  (1)、(2)、(3)を合計した単位数に10.14円を乗じた数を介護報酬とし、
  自己負担額は介護報酬から負担割合証に応じた額となります。


2.介護予防通所介護相当サービス

 (1)介護予防通所介護相当サービス(基本報酬)

要支援1・事業対象者、週1回程度 1月につき1,647単位
要支援2・事業対象者、週2回程度 1月につき3,377単位
※同一建物から当該通所介護等事業所に通う者に対し、
要支援1・事業対象者、週1回程度 1月につき376単位を所定単位数から減算
要支援2・事業対象者、週2回程度 1月につき752単位を所定単位数から減算


 (2)加算項目

生活機能向上グループ活動加算 100単位/月を加算
運動器機能向上加算 225単位/月を加算
栄養改善加算 150単位/月を加算
口腔機能向上加算 150単位/月を加算
選択的サービス複数実施加算(T) 480単位/月を加算
選択的サービス複数実施加算(U) 700単位/月を加算
事業所評価加算 120単位/月を加算
サービス提供体制強化加算(T)イ

事業対象者・要支援1 72単位/月を加算
事業対象者・要支援2 144単位/月を加算
サービス提供体制強化加算(T)ロ

事業対象者・要支援1 48単位/月を加算
事業対象者・要支援2 96単位/月を加算
サービス提供体制強化加算(U)

事業対象者・要支援1 24単位/月を加算
事業対象者・要支援2 48単位/月を加算


 (3)介護職員処遇改善加算

介護職員処遇改善加算(T) (1)、(2)を合計した単位数の1000分の59に相当する単位数
介護職員処遇改善加算(U) (1)、(2)を合計した単位数の1000分の43に相当する単位数
介護職員処遇改善加算(V) (1)、(2)を合計した単位数の1000分の23に相当する単位数
介護職員処遇改善加算(W) (V)により算定した単位数の100分の90に相当する単位数
介護職員処遇改善加算(X) (V)により算定した単位数の100分の80に相当する単位数


 (4)食事提供費      600円

  ※1単位あたりの単価を10.14円(地域区分7級地)とする。

  (1)、(2)、(3)を合計した単位数に10.14円を乗じた数を介護報酬とし、
  自己負担額は介護報酬から負担割合証に応じた額となります。